鎌田製袋株式会社

角底袋と舟底袋

角底袋 舟底袋

紙袋のスタンダードスタイル。
定番の形ゆえの落ち着きが持ち味。

 

底部分の成形がしっかりしており、厚紙を入れることで対重量性能がさらに向上。

角底と比較して、正面が広く2面でデザインするため袋デザインが斬新。
一般的な紙袋と違ったスタイルが新鮮。
薄く軟らかい紙を使用すれば口をしばり閉じすることも可能。ラッピングにも最適です。
マチが無い分持ち運びの際に口が開かず機密性が高い。

機械製袋可能サイズ

角底タイプ

正面(袋寸)

マチ(袋寸)

天地(紙寸)

A

340〜220

150〜65

300〜640

B

230〜110

110〜45

280〜480

C

320〜140

155〜50

280〜560

舟底タイプ

正面(袋寸)

マチ(袋寸)

天地(紙寸)

C

300〜430

70〜150

300〜640

D

180〜300

65〜150

280〜480

各単位は mm表記です

素材説明

紙質 =表記方法= 【紙質】<厚さ表示>

●厚さはkg単位です。全紙サイズで1000枚あるときの重量を表しています。
●紙質は主なものは以下の4種類です。

晒(さらし):一般的な製袋に向く紙
晒片ツヤ:晒の片面に艶出し処理をした紙。色が出やすい。
晒クラフト:茶色の晒。ガムテープの茶色をイメージしてください。
リューオーコート:表面をコート加工した紙。色が出やすいがややくすみが出る。

持ち手の部分で以下の種類があります。角底・舟底とも手付は自由です。用途に合わせてお選びください。

PP紐:ビニール紐。最も安価。
紙紐:紙の紐。PPの次に安価。
HT:ハッピータック。プラスチック製の持ち手で口が開かないように留めがある。
AR:スピンドル。糸で編んだタイプの布製丸紐。
AT:アクリルテープ。糸で編んだタイプの布製平紐

底ボール 底に入れるボール紙。入っていると重量に対して強くなります。

長期間使用する場合、底部分の耐久性が向上します。
軽いものを入れる場合は無くても特に問題ありません。

PP加工 紙表面にビニールを張る加工。耐水性、耐久性が向上します。

PP貼:ツヤのあるビニールを貼ります。かなり光沢が出ます。
MPP貼:つや消し(マット)のビニールを貼ります。光沢が無く、シックな仕上がりとなります。